メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

糸魚川-梶屋敷間の新駅名「えちご押上ひすい海岸」に えちごトキめき鉄道 新潟

新駅名「えちご押上ひすい海岸」と書かれたボードを手にする、(左から)鳥塚亮・えちごトキめき鉄道社長と米田徹・糸魚川市長=新潟県糸魚川市大町で2020年8月9日午前11時11分、石塚誠撮影

 えちごトキめき鉄道(新潟県上越市)は9日、日本海ひすいラインの糸魚川―梶屋敷間に、2021年3月に新設される新駅の駅名について「えちご押上ひすい海岸」と決めたと発表した。選定理由について、糸魚川市などの公募で提案された名称に、全国へ発信できるものにしたいと考え、社名の「えちご」と路線名の「ひすい」を盛り込んだという。

 糸魚川市と地元、押上地区では、6月から市民らを対象に新駅名の公募を実施。応募総数は糸魚川市では523点、押上地区では177点があり、いずれも「押上」が多数、そのほか「ヒスイ海岸」などがあった。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです