メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連に女性自衛官を初めて派遣 衛生分野の教育を担当 原点は東ティモールPKO

湯浅悟郎陸上幕僚長(右)に出発報告を行う川崎真知子2等陸佐=防衛省で2020年8月7日午後2時過ぎ、松浦吉剛撮影

 東南アジアの東ティモールでの国連平和維持活動(PKO)に続き、米ニューヨークの国連本部にも女性自衛官として初めて派遣され、新たな扉を開く。8日に渡米した陸上幕僚監部運用支援課の川崎真知子2等陸佐(46)。薬剤師の資格を持つ自衛官だ。陸自衛生学校での教官経験も生かし、PKOを支える衛生分野の教育プログラムの企画や運営に携わる。

 国連本部では、パートナーシップ支援課で働く。各国がPKOに派遣する要員たちに対し、野外での応急処置法や衛生管理の知識・技能を身につけてもらうための教育訓練を検討し、提供していく。派遣期間は1年間の予定で更新もある。2019年夏に国連のスタッフ公募に申し込み、100人以上の応募者の中から20年1月に選ばれた。

 国連勤務を目指した原点は、02…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 体操・内村が新型コロナ感染

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  5. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです