メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松江の高校88人感染、強豪サッカー部でクラスター 寮生活の部員ら、遠征も

島根県庁

 松江市で新型コロナウイルスへの感染が明らかになった91人について、市と島根県は9日夜、88人が立正大淞南(しょうなん)高校(北村直樹校長、生徒数309人)のサッカー部関係者と発表した。内訳は男子部員86人、男性教員2人。部員約30人に発熱や頭痛があるが軽症という。残りの3人は、同校に出入りし既に感染が確認されていた70代男性の濃厚接触者という。市と県はサッカー部を中心に大規模なクラスター(感染者集団)が発生したとみている。

 8日に部員1人の感染が確認され、部員や教職員らがPCR検査を受けていた。同校は生徒の過半数が県外出身で、感染した部員86人中80人が寮で生活していた。サッカー部は全国高校サッカー選手権大会に過去18回出場した強豪で、市や同校によると、7月23~25日に大阪府、8月3~4日に鳥取県、同4~6日に香川県に遠征した。8日から夏休みに入っている。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです