特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

明徳義塾、ノーヒットで追いつく 新地の犠牲フライで同点 交流試合

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【鳥取城北-明徳義塾】二回裏明徳義塾1死二、三塁、新地が中犠飛を放つ=阪神甲子園球場で2020年8月10日、猪飼健史撮影 拡大
【鳥取城北-明徳義塾】二回裏明徳義塾1死二、三塁、新地が中犠飛を放つ=阪神甲子園球場で2020年8月10日、猪飼健史撮影

2020年甲子園高校野球交流試合 明徳義塾(高知)―鳥取城北(鳥取)(10日・甲子園)

 先発は、鳥取城北が183センチの右腕・松村、明徳義塾が抜群の制球力を誇るエース左腕・新地。

 鳥取城北は、一回表、先頭・畑中の左前打などで1死一、三塁にすると、4番吉田が右前に適時打をはじき返し1点を先制した。

 明徳義塾は、二回裏に四死球に犠打を絡めて1死二、三塁の好機を作ると、新地のセンター犠牲フライで玉城が生還。ノーヒットで同点に追いついた。

全16試合をライブ中継

 ニュースサイト「毎日新聞」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)と「Yahoo!JAPAN」が運営する「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)で展開する「センバツLIVE!」では、センバツ交流試合の全16試合をライブ中継します。センバツLIVE!は、パソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも無料でお楽しみいただけます。勝負の裏側に迫った最新のニュースや写真特集など、試合の情報が盛りだくさんです。センバツ交流試合にどうぞご注目ください。

次に読みたい

あわせて読みたい