特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

明徳義塾、終盤の粘りでサヨナラ 鳥取城北は継投実らず センバツ交流試合

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【鳥取城北-明徳義塾】サヨナラ勝ちし喜ぶ明徳義塾の選手たち=阪神甲子園球場で2020年8月10日、久保玲撮影
【鳥取城北-明徳義塾】サヨナラ勝ちし喜ぶ明徳義塾の選手たち=阪神甲子園球場で2020年8月10日、久保玲撮影

2020年甲子園高校野球交流試合 ○明徳義塾6-5鳥取城北●(10日・甲子園)

 終盤に粘った明徳義塾が逆転サヨナラ勝ち。八回に米崎の中前適時打などで2点を返し、1点差の九回2死一、二塁から4番・新沢が右越えに逆転の2点三塁打を放った。鳥取城北は先発・松村が6回を8四死球で2失点ながら無安打投球。八回は河西の2点二塁打など3連続長短打で計4点を奪いリードしたが、継投が実らなかった。

七回までノーヒットとは…

 明徳義塾・馬淵史郎監督 七回までノーヒットは記憶にない。八、九回にチャンスがあると思っていたが、八回の2点が大きかった。最後まで諦めずに粘ったら、こういうゲームができる。(選手は)今後の人生に生かしてほしい。

終盤に集中打で点を取ってくれた

 鳥取城北・山木博之監督 ヒットが出ても(明徳義塾の先発)新地君にほんろうされていた。終盤に集中打で点を取ってくれたが、よし、これでというところで試合が動いて粘りきれなかった。

打った瞬間、気持ちよかった

 明徳義塾・新沢颯真一塁手 (サヨナラ適時打は)打った瞬間、気持ち良かった。(チーム初安打を放ったことに)七回まで安打が出ていなかったが、1本出たら流れが変わると思って必死に打った。大変な状況の中でも、最後の試合があると信じて一生懸命頑張ってきた。持ち味である全員野球を出せた。将来に役立つと思う。

八回、相手の手拍子が頭に響いた

 明徳義塾・新地智也投手 (逆転サヨナラ勝ちに)打ってくれてうれしかった。(八回に逆転されたのは)抑えようと力が入ってしまったのが駄目だった。(無観客のマウンドは)去年の夏に比べて静かだったが、八回に相手の(三塁側席に座るベンチ外選手らから起こった)手拍子が少し頭に響いた。

相手の粘りに負けて悔しい

 鳥取城北・吉田貫汰一塁手 最後はエース(の阪上)が抑えてくれると信じていたが、相手の粘りに負けた。悔しい。(一回の先制打は)自分が打ったらチームが乗ると思い、つなぐイメージで打つことができた。チームの持ち味であるつなぐ打撃は発揮できたと思う。後輩たちには、この悔しさを次につなげてほしい。

最後に外の真っすぐが浮いた

 鳥取城北・安保龍人捕手 (最後に打たれた阪上は)全部球が甘く入っていた。ローボールをしっかり投げるように意識させたが、最後に外の真っすぐが浮いてしまい一発で仕留められた。明徳は結果はアウトになっていたが、いい打球が正面を突いていたので、もっと低めを意識して投げないといけないなと思っていた。盗塁や送りバントもきっちり決めてくるチームだった。

次に読みたい

あわせて読みたい