特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

明徳義塾・鈴木主将が円陣で誓った「最後まで諦めない」 センバツ交流試合

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
明徳義塾の鈴木大照主将=猪飼健史撮影 拡大
明徳義塾の鈴木大照主将=猪飼健史撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合(日本高校野球連盟主催、毎日新聞社、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。第2試合では、明徳義塾(高知)が6-5で鳥取城北(鳥取)にサヨナラ勝ちした。明徳義塾の鈴木大照主将は「団結の気持ちがサヨナラにつながった」と試合を振り返った。鈴木主将の談話は次の通り。

甲子園はやっぱり特別な場所だった

 率直に勝ててうれしい。九回裏の攻撃前、円陣で「勝っても負けても高校野球は今日で終わり。最後の最後まで諦めずにいこう」と声を掛け合った。その団結の気持ちが逆転サヨナラ勝ちにつながったのかなと。

 相手はチャンスで思い切り良く強い打球を打ち、先発投手も狙い球が絞りづらいボールを投げるなど、試合を通して苦戦した。ただ、2度のダブルプレーの場面をはじめ、チームの持ち味としていた守備力の高さなどは見せることができた。

 (昨夏も出場したが)甲子園にはやっぱり他の球場では味わえない、言葉には表せない感覚がある特別な場所だった。最後の試合をここでやれたのはうれしいし、その最後を勝って終われたのはチームみんなが一番うれしく感じたと思う。

次に読みたい

あわせて読みたい