特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

惜敗の鳥取城北・山木監督「最後まで力を発揮してくれた」 センバツ交流試合

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鳥取城北の山木博之監督=幾島健太郎撮影 拡大
鳥取城北の山木博之監督=幾島健太郎撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合(日本高校野球連盟主催、毎日新聞社、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。第2試合では、明徳義塾(高知)が6-5で鳥取城北(鳥取)にサヨナラ勝ちした。鳥取城北の山木博之監督は「最後まで粘り強く力を発揮してくれた」と試合を振り返った。山木監督の談話は次の通り。

スタンドの手拍子に背中押された

 明徳義塾相手に最後まで粘り強く力を発揮してくれた。メンバーに入っていない3年生も大勢いるが、今日まで皆で一緒に練習してくれた。勝たせてやりたい思いが強かったが……。生徒たちには申し訳ない。先制できたときには流れを持ってこれるかと思ったが、(明徳の)新地投手はウチの打者をよく見ながら投げていたし、守りも要所でいい所で守っていたりといいプレーがあった。

 ウチの松村も制球を乱しながらも無安打と好投していたし、(八回の集中打は)頼もしかった。上で野球を続ける子もいれば違う形でスタートする子もいる。それぞれが胸を張ってくれる試合だったと思う。いつもの観客がいる中での試合と違ったが、(スタンドからの手拍子による応援は)背中を押される雰囲気があった。

次に読みたい

あわせて読みたい