メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいこ場便り

照ノ富士が稽古再開 「改めて優勝実感」

秋場所に向けて稽古を再開した照ノ富士=東京・伊勢ケ浜部屋で2020年8月10日

 故障で大関から序二段まで陥落しながら、2年半ぶりに幕内に復帰した大相撲7月場所で優勝した前頭・照ノ富士が10日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋で秋場所(9月13日初日、東京・両国国技館)に向けて稽古(けいこ)を再開した。代表取材に応じた照ノ富士は「いろいろな方々に祝福していただき、改めて(優勝を)実感した。今は秋場所に向けていい準備をしていく、という気持ちに切り替えている」と述べた。

 場所後のこの1週間は取材対応などで忙しく、「まだ疲れは残っている」という照ノ富士。10日は四股やすり足、テッポウなど基礎運動を中心に汗を流した。秋場所の番付発表を31日に控えており、実戦的な稽古は「自分の体と相談しながら決めていく」と話した。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワニ肉を使った給食登場 「つくねみたいな味」 大きな口開け、児童ペロリ 大阪

  2. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 「受け入れたいのに受け入れられない」 民間病院、コロナ患者対応に苦悩

  5. 鍵をかけていても… 北関東でトラクターの窃盗多発 転売目的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです