メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいこ場便り

照ノ富士が稽古再開 「改めて優勝実感」

秋場所に向けて稽古を再開した照ノ富士=東京・伊勢ケ浜部屋で2020年8月10日

 故障で大関から序二段まで陥落しながら、2年半ぶりに幕内に復帰した大相撲7月場所で優勝した前頭・照ノ富士が10日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋で秋場所(9月13日初日、東京・両国国技館)に向けて稽古(けいこ)を再開した。代表取材に応じた照ノ富士は「いろいろな方々に祝福していただき、改めて(優勝を)実感した。今は秋場所に向けていい準備をしていく、という気持ちに切り替えている」と述べた。

 場所後のこの1週間は取材対応などで忙しく、「まだ疲れは残っている」という照ノ富士。10日は四股やすり足、テッポウなど基礎運動を中心に汗を流した。秋場所の番付発表を31日に控えており、実戦的な稽古は「自分の体と相談しながら決めていく」と話した。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 「郵便局や銀行は潰れる」不安に駆られジャパンライフに退職金投入 後悔の日々

  5. ジャパンライフ創業者の山口元会長を詐欺容疑で逮捕 2100億円被害か 警視庁など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです