メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

60歳でネット生保会社開業 「還暦」まだ折り返し 立命館アジア太平洋大学長 出口治明さん

=宮間俊樹撮影

 「還暦」といえば、かつては「赤いちゃんちゃんこ」に象徴されるように「現役引退」のイメージが強かったが、今や人生100年時代。そこから第二、第三の人生を切り開いてきた人がいる。60歳にしてネット販売を中心とする生命保険会社を起こし、古希にして大学の学長に就いた出口治明さん(72)だ。年齢にとらわれない自由な生き方の極意を聞いた。

 これまでに1万冊以上の本を読破し、「人生を面白くする本物の教養」「全世界史(上・下)」など40冊以上の本を書いてきた。「僕の著書の中でも、よく売れている本です」。5月に出版した「還暦からの底力」(講談社現代新書)は、既に20万部を突破したという。「還暦はマラソンでいえば折り返し地点に過ぎません。まだ半分も楽しい人生が残っている、ということを皆さんに伝えたくて書きました」

 日本人の平均寿命(2019年)は男性81・41歳、女性87・45歳で世界トップレベルだ。出口さんは人生100年時代をこう捉える。日本の大学進学率は5割超、平均すれば20歳ごろに社会人として働き始める。そこをスタート地点と考えると、残りの80年の人生のうち、40年を経過した60歳はちょうど半分ということだ。

この記事は有料記事です。

残り2395文字(全文2901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです