メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットで届け!花火2000発 無観客でも全国で大盛況 岐阜・村瀬煙火 /岐阜

感染拡大で無観客で行われた花火大会=兵庫県加西市で2020年8月7日午後8時17分、大西達也撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で花火大会の中止が相次ぐ中、兵庫県加西市のゴルフ場で7日夜、観客を集めずに「3密」を回避する形で花火2000発が打ち上げられた。企画したのは、6月の全国一斉「サプライズ花火」などを主導した村瀬煙火(岐阜市)の花火師、村瀬功さん(34)だ。コロナ禍でも楽しめる「新たな形の花火大会」を模索する村瀬さんの挑戦は、今も途上だ。【横田伸治】

 7日の花火は当初、チケット購入者にのみ会場を伝え、密集を避ける方法で開催する予定だった。感染者の急増で「第2波」への警戒が強まり無観客での開催を決めたが、業界内での反響は大きかった。クラウドファンディングで資金を募り、オンライン配信サービス「イチナナ」で人気芸人らが司会を務めて鑑賞番組が配信され、全国各地の人が視聴する大盛況となった。村瀬さんは「新しい形の花火を実現できた」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです