メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨 泥から思い出の鉄道写真 元国鉄職員・今坂さん /福岡

被災し現在は不通になっているJR肥薩線の線路を見つめる今坂さん

 九州豪雨で被災し約1カ月間孤立した熊本県芦北(あしきた)町白石(しろいし)地区出身の元国鉄職員、今坂健治さん(69)=北九州市門司区=の実家から、流失したとみられていたJR肥薩線のSLなどの写真が多数見つかった。黒金の車両が疾走する姿をカメラに収めるのが生きがいだった。豪雨でカメラは壊れてしまったが「買い替えてSLをまたたくさん撮影したい。そのためにも肥薩線に早く復旧してほしい」と願っている。【中里顕】

 今坂さんは高校卒業後、旧国鉄とJR九州で駅員や資材管理担当職員として働き、門司や博多といった九州の主要駅で勤務した。若い頃から全国各地のSLを撮影するのが趣味で、北海道まで撮影旅行に出かけたこともある。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです