ヤングケアラー 「介護担う子、いた」16% ケアマネ全国調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 通学や仕事をしながら家族を介護する子ども「ヤングケアラー」問題で、ケアマネジャーのほぼ6人に1人にあたる16・5%が、大人並みに介護を担う子どものいる家庭を担当した経験があることが、毎日新聞などの共同調査でわかった。そうした子どもには学業・心身の不調などの悪影響が出ているとの指摘が多かった。「支援態勢が不十分」という訴えは96・4%を占め、実態把握と対策の必要性が一層鮮明になった。(3面に「ヤングケアラー 幼き介護」)

 共同調査は、介護・ヘルスケア事業会社「インターネットインフィニティー」(東京)が運営するケアマネ向けのウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」(ケアマネの会員約9万2000人)を通じ、毎日新聞が作成した質問票を基に6月5~15日に実施。1303人から回答を得た。ケアマネを対象にしたヤングケアラーの全国調査は初めてとみられる。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1207文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集