メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

今から60年前の1960年にはやった言葉は…

[PR]

 今から60年前の1960年にはやった言葉は「インスタント時代」だった。少し前に発売されたインスタントラーメンに続き、初の国産インスタントコーヒーも登場した。家事の負担が減り、家族で少しずつ余暇を楽しむようになった▲池田勇人(はやと)首相が所得倍増計画を発表した年でもある。インスタント食品を生んだ高度経済成長が本格化していた。安保闘争の直後で、政府には明るい話題で人心を一新したいとの狙いもあったようだ▲所得倍増計画を手本にしてきたのが安倍晋三首相だ。アベノミクスの柱として、国内総生産(GDP)を戦後最大の600兆円に増やす目標を打ち出し、政権浮揚の看板に仕立てた▲「コロナ時代」となって状況は一変した。来週発表される今年4~6月期のGDPは年率で2割以上も減り、戦後最悪の落ち込みになると予想されている。もともと難しかったGDP600兆円はめどが立たない▲本来、コロナ時代に見合った経済に切り替えるのが政治の役割だろう。だが、安倍政権は現実離れしたV字回復にこだわり、コロナ前に計画されたリニアやカジノを推進する姿勢を変えていない。アベノミクスの軌道修正を認めたくないのかもしれない▲コロナ以降、袋入りインスタントラーメンの売れ行きが伸びた。単調な巣ごもり生活が続く中、具や味付けにひと手間かけられるのが逆に人気という。時の政権の思惑がどうあれ、暮らしを少しでも楽しもうとする人々の思いはいつの時代も変わらない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです