メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異変のシグナル

「カネミ油症」救済になお壁

 <くらしナビ・環境>

 ポリ塩化ビフェニール(PCB)や猛毒のダイオキシン類が混入した食用油による国内最大の食品公害「カネミ油症」の発覚から今年10月で52年。2012年に被害者救済法が制定されたが、今なお認定のハードルは高く、患者の多くが取り残されている。

 ●子や孫も同じ症状に

 生後6カ月で表れた全身の湿疹。成長とともに続く頭痛や腹痛、倦怠(けんたい)感……。長崎県諫早市の下田恵さん(31)は、汚染された食用油を直接口にしていないにもかかわらず、小学1年の時に摂取して油症の患者に認定された母親(59)と同様の症状に苦しんできた。

 患者認定を求めて06年からほぼ毎年、県が実施している油症検診を受診しているが、ダイオキシン類のポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)の血中濃度が基準値より低いことを理由に却下され続けてきた。「1世代だけでは終わらない。全身の症状を見てほしい」と訴える。

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  5. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです