特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

広島・長崎の首相あいさつ、菅長官が釈明「どうしても同じ内容に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2020年8月11日午前11時6分、玉城達郎撮影
記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2020年8月11日午前11時6分、玉城達郎撮影

 菅義偉官房長官は11日の記者会見で、広島市の平和記念式典(6日)と長崎市の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典(9日)での安倍晋三首相のあいさつの文面が9割以上同じだったことについて、「原爆の犠牲になられた方々の御霊(みたま)に対する哀悼の気持ちとか、唯一の戦争被爆国としての日本の立場を申し上げるのは、両式典でどうしても同じような内容になってくるのではない…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集