メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なぜ中国は香港民主派の弾圧を強めているのか 「自制」ポーズ見せても強硬な理由

香港国家安全維持法違反の疑いで逮捕された民主派の周庭氏=香港で10日、AP

 香港警察は10日、民主活動家の周庭(英語名アグネス・チョウ)氏(23)や民主派の香港紙「蘋果(ひんか)日報」を創業した黎智英氏(71)ら10人を香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で逮捕した。香港政府は国安法による取り締まり対象を香港独立派など「ごく一部の勢力」と説明していたが、米国人も指名手配されるなど「弾圧が本格化している」との声も上がる。民主派寄りメディアの取材を警察が排除する動きもあり、報道の自由が形骸化している。

 警察は11日未明、逮捕した周氏ら10人に「外国勢力と結託して国家の安全に危害を加えた」として国安法29条を適用したと発表した。29条の最高刑は無期懲役。

 周氏は独学の日本語を駆使してツイッターなどで支持を呼びかけており、日本で知名度が高い。周氏は国安法の施行後、表だった活動を減らしていた。警察は逮捕容疑の詳細を明らかにしていない。

 周氏と共に…

この記事は有料記事です。

残り2564文字(全文2951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです