メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1948年の第1回「富士登山競走」上位占めたのは… 歴史を記事や写真で紹介

1948年の第1回大会を伝える記事=山梨県富士吉田市で

 富士登山競走実行委員会は「富士登山競走の歴史」を刊行した。山梨県富士吉田市の夏の恒例イベントで、1948年の第1回大会から2018年の第71回まで、記録や出来事を当時の新聞や広報紙の記事や写真で紹介。力走する選手や、大会を支えるスタッフの熱意を伝えている。【小田切敏雄】

 富士登山競走は、県と山梨陸上競技協会、山梨時事新聞社(廃刊)の主催で始まった。251人が参加した第1回は旧富士上吉田町(現富士吉田市)の22歳の農業の男性が3時間10分24秒で優勝した。時代を反映し、上位20人の大半は20代の農家の男性だった。登山者の荷物運びや案内を仕事とする「強力(ごうりき)」も…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです