特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

創成館・稙田龍生監督「最後に一番いいゲームができた」 センバツ交流試合

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
創成館の稙田龍生監督=徳野仁子撮影 拡大
創成館の稙田龍生監督=徳野仁子撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合は11日、第2日3試合。第2試合は、創成館(長崎)が平田(島根)を零封し快勝した。創成館の稙田龍生監督は「最後に一番いいゲームができた」と振り返った。稙田監督の談話は以下の通り。

3年生だけで戦えると考えた

 相手投手が緩急を使ったうまい投球で、1点勝負だと思った。無失策で最後に一番いいゲームができた。

 (ベンチ入り20人は全て3年生)2年生が入るとしても1人か2人。トーナメントなら考えたが、1試合だけ。力は変わらないので、3年生だけで戦えると考えた。独自大会も合わせて3年生42人全員を使おうと思ったが、独自大会で早く負けたので4、5人使えなかった。

 継投は考えていたが、先発の白水(巧投手)はもう少しいきたかった。ただ、ストライクが突然入らなくなる傾向があるので、早めに坂口(英幸投手)に代えた。坂口は肩を壊して昨年秋は出番がなかったが、3年間で一番いい投球だった。

全16試合をライブ中継

 ニュースサイト「毎日新聞」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)と「Yahoo!JAPAN」が運営する「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)で展開する「センバツLIVE!」では、センバツ交流試合の全16試合をライブ中継します。センバツLIVE!は、パソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも無料でお楽しみいただけます。勝負の裏側に迫った最新のニュースや写真特集など、試合の情報が盛りだくさんです。センバツ交流試合にどうぞご注目ください。

関連記事

あわせて読みたい