特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

祖母は温泉おかみ 明豊・小川が「初の4番」に奮起の先制打 センバツ交流試合

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【明豊-県岐阜商】一回表明豊2死一塁、小川が右翼線適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2020年8月11日、久保玲撮影 拡大
【明豊-県岐阜商】一回表明豊2死一塁、小川が右翼線適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2020年8月11日、久保玲撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合は第2日の11日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であり、明豊(大分)が4―2で県岐阜商に勝利した。

 ふらふらと上がった打球が右翼線にポトリと落ちた。明豊の小川が一回に放った先制の適時二塁打。「4番は初めて」と自身も驚く起用にも、苦手としていた左腕を攻略した。

 2死一塁の場面で、県岐阜商の先発左腕・野崎の内角球を待っていた。しかし、手を出したのは外角高めの直球。「食らいついていく気持ち」で思わず手を出してしまったが、大分独自大会準々決勝で左腕に完封負けしたことから、力まずに逆方向への意識を持っていたことが好結果につながった。

 大分独自大会では3試合中、先発メンバーは1試合のみでしかも下位打線の7番。甲子園を前に決して調子が良かったわけではないが、川崎監督は自主練習に取り組む姿勢などを見て「ラッキーボーイになってほしい」と打順の昇格を決断していた。

 祖母は別府温泉「ゆわいの宿 竹乃井」でおかみを務める有名人で、小川本人も「体の疲れもとれるし、肌がすべすべになる」と話す大の温泉好き。初の4番で適時打を含めて甲子園で放った2安打は、どんな名湯よりも爽快だったはずだ。【藤田健志】

全16試合をライブ中継

 ニュースサイト「毎日新聞」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)と「Yahoo!JAPAN」が運営する「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)で展開する「センバツLIVE!」では、センバツ交流試合の全16試合をライブ中継します。センバツLIVE!は、パソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも無料でお楽しみいただけます。勝負の裏側に迫った最新のニュースや写真特集など、試合の情報が盛りだくさんです。センバツ交流試合にどうぞご注目ください。

次に読みたい

あわせて読みたい