メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者を「業病」(祖先や自分の悪業の結果としての病)とツイートしたことをきっかけに、本紙サイトで石原慎太郎氏の今までの差別発言を振り返っている。とくに中島岳志さんが「健康への強いこだわり」が石原氏の背後にあることを指摘した記事が興味深かった。

 健康不健康を軸に考えると、その発想の特徴が見えてくる。学者の言葉の意味を理解できずに発言した「ババア」発言、「原発に反対するのはサルと同じだ」発言、小池百合子東京都知事への「厚化粧」発言など、どれもが言葉について自分なりの基準がない。人間はどこから不健康と言えるのか? 生産性の問題なら、年齢性別問わず子供のいない人すべてがババアと罵倒されるべきなのか? 人間もサルも道具を使うが、サルだけは道具使用について反対表明をするというこ…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです