メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憩いのあずまや設置 杉山林道沿い「景観楽しんで」 宮津高生 /京都

林道沿いにあずまやを設置する宮津高建築科の3年生ら=京都府宮津市小田の杉山林道で、松野和生撮影

 府立宮津高(宮津市)建築科の3年生14人が11日、大江山連峰・杉山の山中を走る同市小田の杉山林道沿いに、あずまやを設置した。山歩きをする人たちの休憩所に使ってもらう。課題研究や実習の一環として生徒らがデザインを考えて設計し、大江山のヒノキの間伐材で柱などの部材を作った。【松野和生】

 2019年3月、同市上宮津地区の地域づくり団体から設置を依頼され、3グループに分かれてデザインを検討。提案説明を受け、団体側が選んだ案を基に生徒らは20年4月から製作を始めた。新型コロナの影響で休校が長期にわたり、限られた時間の中、放課後や夏休みも作業。団体から提供された木材の加工や、職人の手ほどきで金属板…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです