メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民・玉木氏、分党表明 立憲合流巡り 来週両院総会で協議

玉木雄一郎代表

 国民民主党の玉木雄一郎代表は11日の記者会見で、立憲民主党との合流を巡り、党内の賛否が割れていることから党を分割する「分党」を行う方針を表明した。来週にも両院議員総会を開き協議する。分党が了承された場合は党を解散する手続きを取り、合流推進派と慎重派でそれぞれ新党を結成し、玉木氏は立憲との合流には参加しないと表明した。

 玉木氏は会見で、両党の幹事長・政調会長間でとりまとめた合流に関する条件に、自身は同意すると説明。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ「いつまでも交渉を長引かせることは国民のためにならない」などと語った。そのうえで「合流できる、合流できないという仲間が円満に物事を進めるためには分党しかないとの結論に至った」と説明した。ただ、泉健太政調会長はその後の会見で、役員会では玉木氏の分党の提案は了承されてい…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです