メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルVS

コロナ即判定、医師の負担減 中国「肺炎AI」先手

アリババ・ダモ・アカデミーの遅穎氏=同研究所提供

 肺のコンピューター断層撮影装置(CT)画像を人工知能(AI)で解析し、新型コロナウイルスによる肺炎の診断に役立てる技術の実用化が進んでいる。医師の負担軽減が期待され、医療体制維持策の一つとして有望視されるが、日本で先行するのは、中国国内外で信用情報や都市管理などのデータビジネスを手掛ける中国IT大手アリババグループのシステムだ。背景を探った。【後藤豪】

 「アリババが元々持っている技術を使って、たった2日間で新型コロナに応用できた」。アリババグループの最先端技術研究を担う「アリババ・ダモ・アカデミー」の遅穎(チーイン)・AI医療チームリーダーはオンラインでの取材に胸を張った。

 同研究所は2017年からCT画像をAIに分析させる技術研究を進めてきた。新型コロナ肺炎は、肺に「すりガラスのような影」が観察される特徴があり、患者がコロナ肺炎か、それ以外の肺炎かを識別する技術に応用した。最終的に診断を下すのは医師だが、AI画像診断システムがCT画像のコロナが疑われる部分に印をつけるなど、医師の負担軽減を期待できる。

この記事は有料記事です。

残り2630文字(全文3089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです