連載

デジタルVS

 デジタル技術の発達で、われわれの常識、生活はどう変わるのか。現場取材で探ります。

連載一覧

デジタルVS

コロナ即判定、医師の負担減 中国「肺炎AI」先手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アリババ・ダモ・アカデミーの遅穎氏=同研究所提供
アリババ・ダモ・アカデミーの遅穎氏=同研究所提供

 肺のコンピューター断層撮影装置(CT)画像を人工知能(AI)で解析し、新型コロナウイルスによる肺炎の診断に役立てる技術の実用化が進んでいる。医師の負担軽減が期待され、医療体制維持策の一つとして有望視されるが、日本で先行するのは、中国国内外で信用情報や都市管理などのデータビジネスを手掛ける中国IT大手アリババグループのシステムだ。背景を探った。【後藤豪】

この記事は有料記事です。

残り2911文字(全文3089文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集