連載

がん・ステージ4からの眺め

がんで最も進行度が高い「ステージ4」。その告知は、患者にとって世界が一変する出来事だ。ステージ4患者を訪ね歩き、病と共に生きる日々について話を聞く。

連載一覧

がん・ステージ4からの眺め

読者から 妻の最後の恋文胸に前へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
抗がん剤治療中、旅行に行った時の寺田さん夫婦の写真と、光子さんの最後の手紙
抗がん剤治療中、旅行に行った時の寺田さん夫婦の写真と、光子さんの最後の手紙

 がんは、患者本人はもとより、時に家族の人生を変える。家族の支えで穏やかに末期を過ごす患者を取り上げたシリーズ前回(3月15日掲載)を読んだ男性から、手紙が届いた。同封されていたのは、24年4カ月にわたって共に闘病した妻の「最後のラブレター」だった。

 ●手書きで4枚

 手紙の主は静岡県の元大学教授、寺田誠さん(74)=仮名。妻光子さん=同=を2010年、乳がんで亡くした。61歳だった。手紙には、光子さんからの最後の手紙のコピーが同封されていた。便箋に手書きで4枚。「彼女の旅立ちまでの覚悟を読み取っていただければ」という誠さんに改めて話を聞いた。

小さく小さく小さくなって、あなたの体内に入りたいほどあなたが大好きです

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1441文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集