連合・神津会長、国民分党に不快感 玉木氏に「分かりにくい」 合流新党は支援

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
連合の神津里季生会長=川田雅浩撮影
連合の神津里季生会長=川田雅浩撮影

 連合は12日、産業別労働組合(産別)を交えた幹部会合を東京都内で開き、立憲民主党と国民民主党が結党に向けた手続きに入った合流新党を支援する方針を確認した。国民の玉木雄一郎代表が11日に「分党」により合流慎重派で新党を作る意向を示したことに関し、神津里季生会長は会合後の記者会見で「一つの『大きな固まり』を追求することに我々は価値観をずっと持っている」と述べて不快感を示した。

 神津氏は会見で各産別が支援する「組織内議員」に関し「一つの大きな固まりの中で、私どもの政策をしっかり主張し実現することに力を振るってほしいということが、きょうの(幹部間の)申し合わせの最もコアな内容だ」と述べ、新党に加わることを促した。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文805文字)

あわせて読みたい

注目の特集