特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

バイデン氏「統治能力を重視」 副大統領候補にハリス氏 トランプ政権追及で知名度

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン氏が副大統領候補に指名したハリス上院議員=米中西部アイオワ州デモインで2019年11月1日、高本耕太撮影
バイデン氏が副大統領候補に指名したハリス上院議員=米中西部アイオワ州デモインで2019年11月1日、高本耕太撮影

 11月の米大統領選で野党・民主党の候補指名を固めているジョー・バイデン前副大統領(77)は11日、自身の副大統領候補としてカマラ・ハリス上院議員(55)を起用すると発表した。17~20日の党全国大会で正式に指名される。両氏は12日にバイデン氏の地元、東部デラウェア州で正副大統領候補として初めてそろって演説する予定だ。

 ハリス氏はジャマイカ系とインド系の両親を持つ上院唯一の黒人女性議員。西部カリフォルニア州の地方検事、司法長官を経て2016年に初当選した。現在1期目。議会公聴会でトランプ政権の高官らを厳しく追及する姿勢で知名度を上げ、今回の大統領選の党候補指名争いにも出馬した。撤退後はバイデン氏の支持を表明し、共和党のドナルド・トランプ大統領(74)の…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文828文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集