メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

献血ピンチ 自粛で関東甲信越1万人分不足 「オールジャパンで確保を」

新型コロナウイルス対策としてビニールカーテン越しに献血を受ける男性=栃木県那須町の南ケ丘牧場駐車場で2020年8月6日午前10時55分、湯浅聖一撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で、全国的に献血量が不足している。関東甲信越地方では7月時点で目標より約1万人分が足らず、輸血用血液の在庫量に影響が出始めた地域もある。栃木県内は逼迫(ひっぱく)していないが、県赤十字血液センターの担当者は「本来、県民が使う血液は県民が賄う『自給自足』が原則だが、今は未曽有の状況。オールジャパンで血液を確保する必要がある」と協力を呼びかけている。【湯浅聖一】

 6日に那須町の南ケ丘牧場駐車場であった献血活動には約70人が協力し、それぞれ2台の献血バスに分かれて採血した。新型コロナ対策として、関係者のマスク着用や手指の消毒、検温などを徹底。献血後は同牧場のソフトクリーム無料券などが配られた。病気で手術して以来、献血に協力しているという大田原市薄葉の主婦、御代ひろみさん(69)は「年齢的にも最後の献血。今の健康状態も把握できるのでいい」と笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  2. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  3. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです