メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天国から見守るにゃん 猫駅長祭る「たま神社」5周年イベント 和歌山電鉄

小嶋社長に抱かれ、展示されたフィギュア「メガたま駅長」と写真に収まるニタマ駅長=和歌山県紀の川市貴志川町の貴志駅で、最上聡撮影

 和歌山電鉄貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)で11日、猫の駅長「たま」を祭る「たま神社」の開社5周年を記念し、同線で使用した駅名板など「お宝」を販売するイベントがあった。また、同電鉄の小嶋光信社長やニタマ駅長らが駅構内の神社を参拝し、新型コロナウイルス感染症の終息と同線の永続を祈願した。【最上聡】

 2015年6月に死んだ「たま」は、同8…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 合言葉は「伝説を作ろう」 ”四国勢”で勝ち取った8強 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. わずか2人の炭鉱の町、歴史きざむ金物店 繁栄、戦争の「生き証人」 北海道三笠

  4. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  5. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです