メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和の「令月」をイメージ 日本酒「若竹屋」のラベルが世界一に

コンテストで世界一となった日本酒ラベルを披露する(右から)若竹屋酒造場の林田社長、丸信の平木社長と企画リーダーの米倉春美さん=福岡県久留米市で、高芝菜穂子撮影

 福岡県久留米市の印刷会社と酒造会社が共同企画した日本酒ラベルが、2019年の「第31回世界ラベルコンテスト」の複合印刷部門で、世界一となる「ベストオブザベスト」を受賞した。

 受賞したのは「若竹屋酒造場」の純米吟醸「若竹屋」に使用されたラベル。印刷会社「丸信」が「令和」の語源となった「令月」をイメージ、月の画像に桜や…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです