将棋の折田四段が初勝利 編入試験でプロ入り、「アゲアゲさん」で人気

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
プロ入り後、初勝利をあげて喜ぶ折田翔吾四段=大阪市福島区の関西将棋会館で2020年8月12日、新土居仁昌撮影
プロ入り後、初勝利をあげて喜ぶ折田翔吾四段=大阪市福島区の関西将棋会館で2020年8月12日、新土居仁昌撮影

 将棋の棋士編入試験に合格してプロになった折田翔吾四段(30)が12日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第14回朝日杯将棋オープン戦1次予選1回戦で、増田裕司六段(49)に122手で勝ち、プロ2戦目で初勝利を挙げた。引き続き行われた2回戦では長沼洋七段(55)に敗れたが、折田四段は「久々の公式戦だ…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文378文字)

あわせて読みたい

注目の特集