メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

欅坂46「不協和音」、坂本九「上を向いて歩こう」…つらいときに思う「応援ソング」

拘束されていた警察署から保釈された周庭氏=香港北東部・大埔警察署で2020年8月11日午後11時6分、福岡静哉撮影

 コロナ禍で誰もがつらい今、「勇気づけられた歌」を、テレビはNHKも民放も特番で流してくれている。そんな「応援ソング」、誰にでも1曲や2曲は「元気の出る歌」「ちょっと悲しい時に聴きたい曲」があるはずだ。

 「拘束されている時に、ずっと、『不協和音』という日本語の歌、歌詞が頭の中で浮かんでいました」。

 日本のアニメやアイドルが好きで日本語も覚えてしまったという、香港警察に国家安全維持法違反容疑で逮捕された民主活動家、周庭(英語名アグネス・チョウ)さん(23)は、11日に保釈された直後のインタビューの中で、日本語でそう話した。

 欅坂46の代表曲で、センターを務め、その後脱退した平手友梨奈さん(19)が「僕は嫌だ」と叫ぶ部分や、激しすぎる踊りを、紅白歌合戦で見て覚えている方もいるだろう。秋元康さんの詞は、アイドルの曲とは思えないセンセーショナルなものだ。

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです