当事者女性から意見聴取 子宮移植検討の日本医学会「希望する人が一定数いる」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
(写真はイメージ)=ゲッティ
(写真はイメージ)=ゲッティ

 子宮がない女性に第三者から移植し、妊娠・出産を目指す「子宮移植」の国内実施の是非を検討している日本医学会の委員会は12日、東京都内で会合を開き、生まれつき子宮のない病気「ロキタンスキー症候群」の女性3人から意見を聞いた。委員長の飯野正光・日本大特任教授は閉会後、報道陣に「生の声を聞き、非常に参考になった。移植を希望する人が一定数いるとの説明だった」と述べ、当事者の思いに理解を示した。

 委員会は今後、生体間で移植を行う場合、子宮を提供するドナーが負う摘出手術のリスクと、移植を受けて出産するレシピエント側が受ける利益のバランスを慎重に議論する。次回会合以降に検討内容をまとめ、関連する日本産科婦人科学会(日産婦)と日本移植学会に提示する方針。飯野委員長は「脳死者からの移植が本筋で、そちらを目指すべきだ。しかし、法律で認められておらず、いま移植を希望している患者が救えない」と語った。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文564文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集