特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「黒い雨訴訟」の市・県の控訴を受け、記者会見する原告団長の高野正明さん(右)と竹森雅泰弁護士=広島市中区で2020年8月12日午後2時40分、北村隆夫撮影
「黒い雨訴訟」の市・県の控訴を受け、記者会見する原告団長の高野正明さん(右)と竹森雅泰弁護士=広島市中区で2020年8月12日午後2時40分、北村隆夫撮影

 広島への原爆投下直後に降った「黒い雨」を援護対象区域外で浴びた住民ら84人全員が「被爆者」と認められた画期的判決から2週間。控訴断念を求める広島市と広島県を説得する形で、国が控訴に踏み切った。援護区域の拡大を視野に再検討するとはいうものの、いつ、誰が救済されるか分からない。「時間稼ぎだ」「死ぬのを待っているのか」。平均年齢が82歳を超え、被爆75年の節目での決着を期待した住民らは怒り、落胆した。

 「命には限界がある。判断を先延ばしすればそれだけ死者が出る」「国は私たちの要求を再三はねつけた。信用ならない」。午後2時から広島市中区の弁護士会館で開かれた原告団と弁護団の記者会見。爆心地から北西に約20キロの広島県上(かみ)水内(みのち)村(現広島市佐伯区)で7歳の時に黒い雨を浴びた原告団長の高野正明さん(82)=佐伯区=は身を乗り出し、強い口調で訴えた。

 終戦直後の混乱期に行われた気象台の調査で大雨が降ったとされた地域を、国が援護区域に定めたのは1976年。同じ集落を区域の内外に分断する国の「線引き」はおかしいと2年後、区域外で雨に遭った住民らが「広島県『黒い雨』原爆被害者の会連絡協議会」の前…

この記事は有料記事です。

残り1605文字(全文2108文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集