特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

中京大中京・高橋が11K完投勝利 智弁学園は好機で凡退 センバツ交流試合

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【智弁学園-中京大中京】中京大中京の先発・高橋=阪神甲子園球場で2020年8月12日、藤井達也撮影 拡大
【智弁学園-中京大中京】中京大中京の先発・高橋=阪神甲子園球場で2020年8月12日、藤井達也撮影

〇中京大中京4-3智弁学園●(12日、甲子園)

 中京大中京が交流試合初のタイブレークを制した。同点の延長十回無死満塁、西村の二飛が失策を誘いサヨナラ勝ちした。先発右腕・高橋は最速153キロの直球を武器に11奪三振で完投した。

【智弁学園-中京大中京】延長タイブレークで敗れ、大橋に抱えられてベンチに戻る智弁学園の先発・西村(右)=阪神甲子園球場で2020年8月12日、藤井達也撮影 拡大
【智弁学園-中京大中京】延長タイブレークで敗れ、大橋に抱えられてベンチに戻る智弁学園の先発・西村(右)=阪神甲子園球場で2020年8月12日、藤井達也撮影

 智弁学園は3点を追う四回、押し出し四球と西村の2点適時打で同点としたが、その後は好機の凡退が重なり、先発の西村が最後に力尽きた。

決勝という気持ちで状態高めてきた

 中京大中京・高橋源一郎監督 高橋は指のかかりが少し悪かったが、丁寧に投げていた。全体的にも粘り強く戦い抜いた。(1試合だけの交流試合だが)ここは決勝だという気持ちで状態を高めてきた。

153キロを出されると打つのは難しい

 智弁学園・小坂将商監督 (中京大中京の高橋は)すごいの一言。右打者の外角低めに153キロを出されると打つのは難しい。(延長十回の強攻策は)2番の白石が一番タイミングが合っていたので打たせた。

全16試合をライブ中継

 ニュースサイト「毎日新聞」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)と「Yahoo!JAPAN」が運営する「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)で展開する「センバツLIVE!」では、センバツ交流試合の全16試合をライブ中継します。センバツLIVE!は、パソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも無料でお楽しみいただけます。勝負の裏側に迫った最新のニュースや写真特集など、試合の情報が盛りだくさんです。センバツ交流試合にどうぞご注目ください。

関連記事

あわせて読みたい