特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

加藤学園・米山監督「一つの勝利だが大きな勝利」 センバツ交流試合

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
加藤学園の米山学監督=宮間俊樹撮影 拡大
加藤学園の米山学監督=宮間俊樹撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合は第3日の12日、第2試合で、加藤学園(静岡)が鹿児島城西(鹿児島)を3-1で降した。加藤学園の米山学監督は「一つの勝利だが大きな勝利だ」と語った。米山監督の談話は以下の通り。

この選手たちともう少し野球をやっていたかった

 肥沼投手は持ち味の制球が良く、力まずに投げてくれた。静岡県の独自大会では、抑えてやろうという気持ちが強く上半身に力が入っていたが、今日は肩の力が抜けていた。(初出場での初勝利は)一つの勝利だが大きな勝利だと思う。

 (積極的な走塁は)相手投手がいいので、こちらから動かないと勝機はつかめない。盗塁やエンドランはいつも練習してきたことで、相手はどこであれ練習してきたことを出そうと試合に臨んだ。1年生の太田の1番起用は、とにかく足が速くて思い切りがいい打者だから。それに杉山、大村、肥沼らチームをまとめてきた3年生が結果を出してくれたことがうれしい。勝った瞬間はホッとする一方、この選手たちと、もう少し野球をやっていたい気持ちだった。

全16試合をライブ中継

 ニュースサイト「毎日新聞」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)と「Yahoo!JAPAN」が運営する「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)で展開する「センバツLIVE!」では、センバツ交流試合の全16試合をライブ中継します。センバツLIVE!は、パソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも無料でお楽しみいただけます。勝負の裏側に迫った最新のニュースや写真特集など、試合の情報が盛りだくさんです。センバツ交流試合にどうぞご注目ください。

関連記事

あわせて読みたい