特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

「無敗」掲げた中京大中京 高橋監督「今日は勝ちにこだわった」 センバツ交流試合

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中京大中京の高橋源一郎監督=兵藤公治撮影 拡大
中京大中京の高橋源一郎監督=兵藤公治撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合は第3日の12日、2試合。第1試合は、今大会初の延長タイブレークの末、中京大中京(愛知)が智弁学園(奈良)を4-3で降した。中京大中京の高橋源一郎監督は「今日は勝ちにこだわった」と語った。高橋監督の談話は以下の通り。

選手を頼もしく感じた

 高橋投手は「立ち上がりに足が震えた」と話していた。観客は入っていないものの、憧れの舞台で普段とは違う高ぶりもあったようだ。思うような投球をさせてもらえない中で、丁寧に投げていた。暑さもあったが、七、八回には球威が上がっており、行けるところまで行かせるつもりだった。

 (昨秋の明治神宮大会や今夏の愛知県独自大会を制するなど全勝で公式戦を終え)これまでの1試合1試合でいろいろなことがあったし、よくここまで来られた。粘り強く戦ってくれた選手を頼もしく感じる。日本一を目標に取り組んできて、目標を失いかけたこともあったが、仲間や父母ら皆さんに助けていただいた。

 今日は決勝戦のつもりで戦った。彼らも無敗という目標を掲げていたので、勝ちにこだわった。智弁学園はトップレベルと思っていたが、その通りのチームだった。

全16試合をライブ中継

 ニュースサイト「毎日新聞」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)と「Yahoo!JAPAN」が運営する「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)で展開する「センバツLIVE!」では、センバツ交流試合の全16試合をライブ中継します。センバツLIVE!は、パソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも無料でお楽しみいただけます。勝負の裏側に迫った最新のニュースや写真特集など、試合の情報が盛りだくさんです。センバツ交流試合にどうぞご注目ください。

関連記事

あわせて読みたい