特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

号泣の先、見据えた来季 智弁学園のエース・西村 センバツ交流試合

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【智弁学園-中京大中京】智弁学園の先発・西村=阪神甲子園球場で2020年8月12日、藤井達也撮影 拡大
【智弁学園-中京大中京】智弁学園の先発・西村=阪神甲子園球場で2020年8月12日、藤井達也撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合は第3日の12日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であり、第1試合で智弁学園(奈良)は延長タイブレークの末、3―4で中京大中京(愛知)にサヨナラで敗れた。

 プロ注目の右腕を向こうに回し、一歩も引かなかった。「自分が高橋投手と投げ合えるとは思っていなかったけど、終盤は投げ勝つつもりだった」。智弁学園の2年生エース西村は、惜敗の悔しさの中に手応えをつかみ取った。

 奈良独自大会は3年生のみで戦ったため、甲子園が今季公式戦の初登板になった。もともと課題と自覚する立ち上がりに甲子園のマウンドに立った緊張感も加わり、「地に足が着いていなかった」。一回に4安打を浴びて3点を失ったが、強気が持ち味の左腕はすぐに切り替えた。

【智弁学園-中京大中京】力投する智弁学園の先発・西村=阪神甲子園球場で2020年8月12日、久保玲撮影 拡大
【智弁学園-中京大中京】力投する智弁学園の先発・西村=阪神甲子園球場で2020年8月12日、久保玲撮影

 三回1死から4番・印出に内寄りの直球を左前に運ばれると、配球を内角中心から外角主体に変更。さらに終盤は内外にうまく散らし、的を絞らせない。130キロ台後半の直球に交えるカットボールもさえた。150キロ台の速球を連発する中京大中京・高橋とは対照的な投球術で、四回以降は1安打で投げ抜いた。

 自身のバント処理のミスも絡んでサヨナラ負けした直後は泣き崩れ、相手校歌を聞く間も腰を折り続けた。だが取材エリアでは、淡々と言葉を継いだ。「強い相手とやれて、実力を知ることができた。来年は春も夏も、甲子園で優勝したい」。すっかり涙の乾いた目で、同学年の4番・前川らも残る新チームでの戦いを見据えた。【野村和史】

全16試合をライブ中継

 ニュースサイト「毎日新聞」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)と「Yahoo!JAPAN」が運営する「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)で展開する「センバツLIVE!」では、センバツ交流試合の全16試合をライブ中継します。センバツLIVE!は、パソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも無料でお楽しみいただけます。勝負の裏側に迫った最新のニュースや写真特集など、試合の情報が盛りだくさんです。センバツ交流試合にどうぞご注目ください。

関連記事

あわせて読みたい