メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

米津玄師さん、あいみょんさん…菅田将暉さんが大事にする同世代との出会い

「サワコの朝」に登場する菅田将暉さん(右)

[PR]

 8月15日放送の「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、午前7時半~8時放送)のゲストは、俳優の菅田将暉さん。

 2009年、「仮面ライダーW」にシリーズ最年少の16歳で主演に抜擢され俳優デビュー。その後、数々の話題作に出演した菅田さんは、高い演技力で人々を作品の世界へと引き込み、瞬く間にトップ俳優の階段を駆け上がった。時に、年間9本もの映画に出演し絶大な人気を誇る菅田さんだが、俳優だけに留まらず、ミュージシャンとしても才能を発揮。昨年はNHK「紅白歌合戦」に出場するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せている。

 そんな菅田さんが、“実力もなければ経験もない普通の高校生だった”デビュー当時を振り返り、「初めての作品が『仮面ライダー』で、お芝居をしたことがなかった。監督に、『明日からの君たち次第でこの長い歴史が終わるかもしれません』っていきなり仮面ライダーの歴史を背負わされて…」と切り出すと、同作出身の俳優がその後も活躍できる理由を語った。

 一方で、元々は数学の先生になりたかったと話した菅田さん。勉強が好きだった少年時代のエピソードをはじめ、米津玄師さんやあいみょんさんなど、一番刺激を受けるという同世代のアーティストやクリエーターたちとの貴重な出会いについて語っていただいた。さらに、同じ事務所の先輩・中村倫也さんからは、菅田さんも思わず苦笑いのメッセージが到着。

 今、最も人をひきつける俳優・菅田将暉さんの知られざる原動力にサワコが迫る。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです