メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

=武市公孝撮影

 お盆に帰省して大丈夫か、やはり自粛すべきか――。国民の迷いをよそに、観光需要を喚起する「Go Toトラベル」事業は続いている。政府は東京都民以外に対し、感染症対策を万全にして旅に出よと促すが、需要を後押しされている観光業界はどう見ているのか。全国に宿泊施設を展開する「星野リゾート」の星野佳路代表(60)にコロナ時代の旅のあり方を聞いた。

 「Go Toトラベル」は7月22日、4連休に間に合わせようと前倒しでスタートした。その直前に東京の新型コロナウイルス感染者が1日200人を超えるなど急増し、時期尚早との批判や中止論がわき上がった。それをはねのけ、政府が「Go To」を強行したかに見えるのだが、星野さんが期待する観光支援策とは明らかにズレがある。

この記事は有料記事です。

残り2598文字(全文2925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 60歳以上へのワクチン優先接種、死者減に効果 米コロラド大などが分析

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  4. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た「第3波を防げなかった理由」

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです