メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ ヒツジ250頭でアマビエ描く 富津・マザー牧場 /千葉

牧草地に浮かび上がったヒツジによる「アマビエ」=千葉県富津市のマザー牧場で2020年8月8日、浅見茂晴撮影

 富津市田倉のマザー牧場で、新型コロナウイルスの退散を願い、飼育しているヒツジで疫病封じの妖怪アマビエを牧草地に描くイベントが開かれている。

 夜の牧場を体験できるサマーナイトファームで披露される「ひつじの夕焼け大行進」の一コマ。スタッフの合図で約250頭のヒツジが登場し、牧草地の一角に集結。巨大なアマビエ…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです