メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京おでかけ日和

雑司が谷駅周辺 歴史と落ち着き感じる街 信仰の場、明治期の洋館も /東京

雑司ケ谷鬼子母神堂の本殿=東京都豊島区

 都内屈指の繁華街、池袋から地下鉄で1駅の雑司が谷駅周辺(豊島区)。安産、子育ての神様として、江戸時代から多くの参詣者を集めた信仰の場があり、歴史と落ち着きを感じる街で、数々のスポットを巡った。

 駅を出て、雑司ケ谷鬼子母神堂へ。石畳の参道に入ると、両側にケヤキ並木。推定樹齢600年の古木4本がそびえ、広がる日陰が心地よい。1664年建立の本殿は、権現造りで重厚な印象だ。夫婦や親子連れが途切れることなく訪れ、手を合わせていた。

 境内のご神木は大イチョウで、樹齢はおよそ700年といわれる。「子授けイチョウ」とも呼ばれ、周囲を何度も回り願を掛ける女性の姿もあった。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです