メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

がんゲノム医療にAI データ7億件からリポート 東大病院

人工知能(AI)が作成したリポートを見る東京大大学院の織田克利教授=東京都文京区で

 <ピックアップ>

 人工知能(AI)で患者のがん細胞の遺伝子を短時間で解析し、最適な治療法を提示する「がんゲノム医療」が動きだした。東京大病院では、遺伝子情報を基に、世界中の最新論文や治験データから必要な情報をAIが抽出。医師が治療方法を決める手助けをしている。

 東大発のベンチャー企業「テンクー」(東京都)はAIを活用した診断支援システムを開発した。患者のがん組織から得た遺伝子情報を短時間で解析し、がんの原因となる遺伝子の変異を発見する。変異した遺伝子が分かると、治験や薬の情報、最近の論文など約7億件のデータベースからAIが治療方法に関するリポートを作成する。

 これまでは担当医師が診察を終えた後、論文を調べ、過去のデータベースと比較し、他の医師らと何度も話し合ってから治療方法を検討する必要があった。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです