「魚が死に始めている」 重油流出のモーリシャス コロナと二重の打撃

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
座礁した大型貨物船「わかしお」の重油を回収するボランティアら=西インド洋の島国モーリシャスで8月12日、AP
座礁した大型貨物船「わかしお」の重油を回収するボランティアら=西インド洋の島国モーリシャスで8月12日、AP

 国際リゾートとして有名な西インド洋の島国モーリシャスの沖合で、商船三井(東京)が運航する大型貨物船「わかしお」が7月に座礁し、その後、燃料の重油が1000トン以上流出した。政府は「環境非常事態」を宣言して対策に当たっているが、既に一部は海岸に達しており、美しい海や生態系への深刻な影響が懸念される。一方、日本政府は海上保安庁の専門家ら6人を国際緊急援助隊として現地に派遣した。

「海が元に戻らなかったら観光地としてどんな価値があるのか」

 透き通った海の間を重油が帯状に漂う。油は木々が生い茂る海岸に打ち寄せ、一面を茶褐色に染めた。スコップを使って人海戦術ですくい上げ、袋に――。島の魅力を発信するウェブサイトを運営するルーベン・ピライさん(3…

この記事は有料記事です。

残り1463文字(全文1784文字)

あわせて読みたい

ニュース特集