メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「魚が死に始めている」 重油流出のモーリシャス コロナと二重の打撃

座礁した大型貨物船「わかしお」の重油を回収するボランティアら=西インド洋の島国モーリシャスで8月12日、AP

 国際リゾートとして有名な西インド洋の島国モーリシャスの沖合で、商船三井(東京)が運航する大型貨物船「わかしお」が7月に座礁し、その後、燃料の重油が1000トン以上流出した。政府は「環境非常事態」を宣言して対策に当たっているが、既に一部は海岸に達しており、美しい海や生態系への深刻な影響が懸念される。一方、日本政府は海上保安庁の専門家ら6人を国際緊急援助隊として現地に派遣した。

 透き通った海の間を重油が帯状に漂う。油は木々が生い茂る海岸に打ち寄せ、一面を茶褐色に染めた。スコップを使って人海戦術ですくい上げ、袋に――。島の魅力を発信するウェブサイトを運営するルーベン・ピライさん(35)が、ドローンなどで現場を撮影した。

 ピライさんは電話取材に…

この記事は有料記事です。

残り1461文字(全文1784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです