幸せの青いハチ 「ブルービー」が飛来 鹿児島・鹿屋

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
コバルトブルーが美しいブルービー=鹿児島県鹿屋市小薄町の「ダマスクの風」で2020年8月1日午後2時半、新開良一撮影
コバルトブルーが美しいブルービー=鹿児島県鹿屋市小薄町の「ダマスクの風」で2020年8月1日午後2時半、新開良一撮影

 鹿児島県鹿屋市小薄(おすき)町のフラワーガーデン「ダマスクの風」で、青いハチ「ルリモンハナバチ(愛称・ブルービー)」が今年も花の蜜を求めて飛び回っている。

 ブルービーはミツバチ科の一種で「幸せを運ぶ」といわれる。2012年の開園直後から飛来するようになり、毎年6月中旬から10月末ごろまで姿を見せ、…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集