メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

多彩な色の世界「京繡」の道50年 刺繍作家・長艸敏明さんとのトーク拡大版

刺繡作家の長艸敏明さん、純恵さん夫妻と桂南光さん=京都市北区で2020年5月26日、川平愛撮影

 京都の伝統工芸「京繡(きょうぬい)」の刺繡(ししゅう)作家・長艸(ながくさ)敏明さんの作品集『繡(ぬ)えども繡えども』(講談社)が昨年、出版されました。タイトルが示す通り、この道50年の名工による丹念な仕事が詰まった一冊には、幽玄の美をたたえた能衣装からウイットに富んだ軸物まで、多彩な100作品が収められています。「アルチザンとアーティストの間を行ったり来たり」。自身をそう表現する長艸さんの仕事に感銘を受けてきたという桂南光さんが、京都・西陣にある工房「貴了庵(きりょうあん)」を訪ね、刺繡だからこそ表現できる世界に迫りました。【構成・山田夢留】

 桂南光 世界中に刺繡というものがあるわけですけど、この「京繡」の特徴はどういうところにあるんですか。

 長艸敏明 「京繡」という言葉自体は戦後、国の指定で名前が付いたもんで、古いことはないんです。京都では刺繡をやってる家は「繡屋(ぬいや)」というてね。うどん屋、茶わん屋、繡屋。僕は繡屋のせがれ、ちゅうことやね。

この記事は有料記事です。

残り4959文字(全文5391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  5. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです