特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

ミックスゾーン

社会人野球 ホンダ鈴鹿、森田・松本両投手 アピールの場、少なくても

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
プロ入りを目指すホンダ鈴鹿の松本竜也=兵庫県西宮市の大阪ガス今津総合グラウンドで7月9日、藤田健志撮影
プロ入りを目指すホンダ鈴鹿の松本竜也=兵庫県西宮市の大阪ガス今津総合グラウンドで7月9日、藤田健志撮影

 アマチュア野球界は2020年甲子園高校野球交流試合の盛り上がりに続き、9月からは社会人野球が本格化する。11月の都市対抗大会出場を懸けた2次予選が各地区で始まり、プロ志望の選手にとっては、10月26日のドラフト会議に向けた重要なアピールの場となる。

 1994年の都市対抗を制したホンダ鈴鹿では、かつて甲子園を沸かせた2投手がドラフト解禁年を迎える。法大から入社2年目の森田駿哉(23)と奈良・智弁学園高出身で3年目の松本竜也(20)だ。森田は富山商のエースとして、2014年夏の甲子園3回戦進出に貢献。…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

あわせて読みたい