メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

笑福亭鶴志さん追悼落語会 19日、心斎橋角座 /大阪

笑福亭鶴志さん=松竹芸能提供

 5月に64歳で亡くなった落語家、笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さん、松竹芸能提供=の追悼落語会が19日、大阪市中央区のDAIHATSU心斎橋角座で開かれる。

 鶴志さんは大阪市出身で、1974年に六代目笑福亭松鶴(しょかく)に入門。97年に大阪文化祭賞奨励賞を受賞するなど、師匠譲りの正攻法の落語で親しまれた。地域寄席で若手…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  3. 「郵便局や銀行は潰れる」不安に駆られジャパンライフに退職金投入 後悔の日々

  4. 「縦割り110番」にメール3000通 河野氏、反響大きく受け付け一時停止

  5. 安倍前首相の師、加藤節さんが嘆く哲学の欠如 前政権で始まった「政府の暴走」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです