メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古つわもの、山陰を駆ける 輝く旧国鉄車両、まだまだ元気!!

車体を傾けて山あいのカーブを駆け抜ける特急「やくも」の381系電車。重心を下げるために重い冷房機器を屋根上ではなく床下に収める=鳥取県日野町で、鶴谷真撮影

 国鉄の分割民営化から33年が過ぎ、全国で地域色あふれるJR車両が走り回っている。だが、島根・鳥取の山陰両県の山陰線や伯備線では、武骨な国鉄車両がまだまだ元気だ。中高年には懐かしく、若い世代には新鮮な古つわものたちを紹介する。【鶴谷真】

 花形は特急「やくも」(岡山―出雲市)の381系電車だ。デビューは1973年で、やくもには伯備線電化に伴い82年投入。現在62両が在籍する。「自然振り子式」装置を持ち、中国山地越えで連続するカーブで車体が内側に傾いて遠心力を軽減、高速で通過できる。2022年をめどに新型車が登場するといい、ラスト…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです