メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BS未来館

マンガと役者のコラボ

右から木村多江、吉行和子、桐山漣

 若い世代への戦争体験の継承は、75年になる「戦後」の課題だ。NHKBSプレミアムで14日放送のドラマ×マンガ「あとかたの街~12歳の少女が見た戦争~」(午後9時59分)が答えの一つになる。

 マンガ家のゆき(木村多江)は50歳を前に初の連載を手掛ける。テーマは母の戦争体験。若い担当編集者の佐藤(桐山漣)がリゾートファッションで現れるが、名古屋に住む母あい(吉行和子)は佐藤を気に入り、封印してきた体験を語る。

 モデルは日本漫画家協会賞コミック部門大賞(2015年度)を受賞した「あとかたの街」の作者おざわゆき。ドラマは登場人物を3人に抑え、戦時中の部分はコミックの画像を使う。おざわの絵と吉行の語りがマッチしている。工場での勤労動員のつらさの中にも、日々の小さな喜びや恋がある。だが空襲が始まることで恐怖が支配する世界へ。

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  3. 「郵便局や銀行は潰れる」不安に駆られジャパンライフに退職金投入 後悔の日々

  4. 「縦割り110番」にメール3000通 河野氏、反響大きく受け付け一時停止

  5. 安倍前首相の師、加藤節さんが嘆く哲学の欠如 前政権で始まった「政府の暴走」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです