メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

ウーバーイーツの専用リュックを背負い自転車で走る配達パートナー=札幌市白石区で2020年7月28日午後2時54分、源馬のぞみ撮影

 レストランやファストフード店の料理を家まで届ける食事宅配サービス(フードデリバリー)の外資系企業が、相次いで札幌市内で事業展開を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大で外食需要が減る中、飲食店側の期待も大きく、業者間の競争は激化しそうだ。新しいもの好きな記者(26)も早速、利用してみた。【北海道報道部・源馬のぞみ】

 食事宅配サービスは、客がスマートフォンなどにダウンロードしたアプリで選んで注文した料理を、配達員が指定した住所に届ける仕組み。配達料が別にかかるが、スマホ決済が大半で、基本的に代金の受け渡しはない。

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文2053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです